アロマと認知症

ALOHA!


先日、TVで “認知症にアロマが効く”というようなことを放送されてました。

見られた方は、いるでしょうか…?

アロマの香りが嗅覚を通して大脳に働きかけ自律神経を整える…いわゆるアロマセラピー。

結果、認知症の予防と改善に効果がある、とか。

では、アロマなら何でもいいのか?というと、そうではないようです。


ローズマリー

レモン

ラベンダー

オレンジ


この4種類だそうです。

じゃ、どういうふうに使うのが効果的なのか、調べてみました。

アロマペンダントやディフューザーを使用して、
昼はローズマリー2滴とレモン1滴、夜はラベンダー2滴とオレンジ1滴。
ローズマリーとレモンは、集中力・記憶力を高める効果があり、

ラベンダーとオレンジは、心身への鎮静作用があるため。

自分で配合するのは不安、という方は、番組で紹介されてたものや既製品があるようです。

それがいいものなのか、どんなものなのかは、私は、まだ使ってないので、わかりません。

ただ、アロマとしては、この4つの香りは、とてもよい香りで落ち着くし、私は好きです。

興味がある方は、ご自分の判断で…ね。


で、この研究結果は、アルツハイマー型の場合、ということでした。

脳血管性やレビー小体型など、他の認知症の場合は、どうなんでしょうか。

私の父は、脳血管性とアルツハイマーの混合型でしたが、効果があったのかしら…。

もっと早く知ってたら、試してみたかったです。

それにしても、アロマは、奥が深いですね。

こんなふうに病気に効果があるアロマセラピーがあるなんて知りませんでした。

いつか、ちゃんと勉強してみたいな~・・・

なんて思いました。


MAHALO!

Welina Hawaiian Lomilomi Salon

-自分を甘やかしにいこう-  いつもがんばっているあなたのココロとカラダに休息を… <完全予約制 女性限定> 東京都日野市 おうちサロン

0コメント

  • 1000 / 1000